2018年05月

    1: 名無しさん 2018/05/07(月)00:03:39 ID:km1
    これで大抵黙るんやけどあいつらなんで最初だけ強気なん?
    特におっさん世代
    no title

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1525619019/

    【強気なリーマン「んだとゴルァ!」ワイ「ボクシングの構え(デトロイトスタイル)」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/05/12(土)20:32:50 ID:OfO
    真っ当な意見と見せかけ、詭弁で論点をはぐらかす輩が多々おります。そういう輩を見たらかならずIDなどを検索しましょう。
    皆様も以下の「詭弁の特徴20条」を覚え、そういう輩を無視しましょう。これらを複合して使う輩もいます。暴力的な言葉を使う輩も無視しましょう。

    ■詭弁の特徴20条
    例:「犬ははたして哺乳類か」という議論をしている時に、あなたが論拠を添えて「犬は哺乳類としての条件を満たしている」と言ったことに対して否定論者が…

    □1.事実に対して仮定を持ち出す
     「確かに犬は子供を産むが、もしも卵を生む犬がいたらどうだろうか?」
    □2.議題に関係のないごく稀な例を取り上げる
     「だが、尻尾が2本ある犬が生まれることもある」
    □3.自分に有利な将来像を予想する
     「何年か後、犬にエラが生えないという保証は誰にもできない」
    □4.主観で決め付ける
     「犬自身が哺乳類であることを望むことは有り得ないに決まっている」
    □5.客観的なソースを示さず持論が支持されていると思わせる
     「世間では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」
    □6.一見、関係がありそうで関係のない話を始める
     「ところで、カモノハシは哺乳類だが卵を産むのを知っているか?」
    □7.陰謀であると力説する
     「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」
    □8.知能障害を起こし会話を放棄する
     「犬ごときにマジになってww犬に恨みでもあんのかwwww」
    □9.自分の見解をまともに述べず、人格批判をする
     「犬が哺乳類なんて言えるのは、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」
    □10.ありえない方法で解決を図る
     「犬が魚になれば良いって事でしょ」
    □11.レッテル貼りをする
     「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつくネトウヨやパヨクはイタイね」
    □12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
     「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」
    □13.勝利宣言をする
     「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」
    □14.無視できるほど細かいミスを指摘し場を乱す
     「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」
    □15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
     「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」
    □16.全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。
     「全ての犬が哺乳類としての条件を満たしているか検査するのは不可能だ(だから、哺乳類ではない)」
    □17.勝手に否定したい論を極論化して、正当性に疑問を呈する。
     「確かに犬は哺乳類と言えるかもしれない、しかしだからといって、哺乳類としての条件を全て持っているというのは早計ではないか。」
    □18.自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する。
     「現在問題なのは犬の広義の非哺乳類性であり、哺乳類であるかどうかは問題ではない。話をそらすな」
    □19.権威主義におちいって話を聞かなくなる。
     「生物学の権威じゃないおまえには犬について議論する資格が無い。生物学者に意見を聞きたい」
    □20.聞く意味のないことを聞いて議論を混乱させる
     「どうして犬は哺乳類だと考えたの?論拠を出してよ」

    複合例 4、5、8、9、11、13
    「なに犬ごときに顔真っ赤にしてんだwwww犬は哺乳類でないに決まっている、これは常識だろ。常識を知らない奴は社会を知らないヒキニートに違いない。はい論破」

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526124770/

    【おんJで生まれたコピペwwwww】の続きを読む


    このページのトップヘ