動物

    1: 名無しさん 2018/11/10(土)20:07:41 ID:o7r
    米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、
    チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。

    軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。
    そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

    前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。
    突然体に銃弾を受けたテックスさんは、すぐに車を止めてあたりを見回した。
    はじめは飼い犬が自分を撃ったなどと思えるはずもなく、どこからか狙撃手に撃たれたと勘違いし「一体誰が…」と恐怖に慄いた。
    だが周りには誰の姿もなく、ようやく飼い犬に撃たれたと気付いたテックスさんは、携帯電話で911に緊急通報した。
    no title

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541848061/

    【アメリカのイッヌ、ご主人様をショットガンで撃ってしまう】の続きを読む


    このページのトップヘ