動物

    1: 名無しさん 2019/07/12(金) 19:30:47.72 ID:w21wypdH0
    S:ブラックマリン
    A:シャチ ゾウアザラシ
    B:ホホジロザメ オキゴンドウ
    C:イタチザメ ヒョウアザラシ
    E:オオメジロザメ ハンドウイルカ
    F:バラクーダ アオザメ ウシザメ ダツ


    実際こんな感じだと思います

    no title

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562927447/

    【【2019年度版】海洋生物の格付け表が遂に発表されるwww→まさかのアイツが格下で草www 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/12(金) 06:23:20.44 ID:vB0lc1fq0
    中央アルプスの駒ヶ岳で、およそ半世紀ぶりにふ化が確認された二ホンライチョウのヒナ5羽について、環境省はきょう、「天敵に食べられるなどして全滅したとみられる」との見解を示しました。

    環境省の職員ら3人がきょう、中央アルプスの駒ヶ岳に入り、今月1日にふ化が確認された国の特別天然記念物・ニホンライチョウのヒナの状況を調べました。

    環境省では、およそ半世紀ぶりにメス1羽の生息が去年、確認されたことを受け、中央アルプス一帯でのライチョウの復活に向けて
    先月、北アルプスの乗鞍岳で採取した有精卵6個を駒ヶ岳に運び、今月1日に5羽のヒナがふ化しているのが確認されました。

    きょうの調査では、メスのライチョウ1羽を発見したものの、5羽のヒナは見つかりませんでした。

    調査した環境省の担当者は、ヒナは寒さや雨で衰弱したり、キツネやテンなどの天敵に食べられた可能性があるとし、「全滅したとみられる」との見方を示しました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00356027-sbcv-l20
    no title

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562880200/

    【【悲報】半世紀ぶりに誕生したライチョウさんのひな5羽、10日で全員逝く 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/06(土) 08:03:22.41 ID:obuscXIy0
    サメを気絶させて襲う
    「研究者は皆、沈痛な思いだった」と、
    解剖を率いたホホジロザメの専門家アリソン・タウナーはブログで述べている。
    「自然は残酷だ。スクワレン豊富な肝臓だけを外科医のように切り取って、
    残りは打ち捨てるシャチの抜け目なさを思うと、ショックで声も出なかった」

    シャチは高い知能の持ち主だ。世界中で海域ごとに異なる獲物に合わせた狩りの方法を編み出しており、
    ホホジロザメの襲撃方法を新たに学習した可能性もある。

    アメリカでは97年、サンフランシスコ沖のファロン諸島近くでホエールウォッチング中の観光客がホホジロザメを襲うシャチを目撃。
    その後の調査で、シャチの驚くべき狩りの方法も分かってきている。

    シャチはまずサメに体当たりし、サメの体をひっくり返す。多くのサメは、
    体をひっくり返されると瞬間的に意識を失い、無防備になる。

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562367802/

    【【悲報】ホオジロザメさん、シャチに肝臓だけ食われて捨てられる 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/05(金) 17:31:58.95 ID:kX90ayGN0
    千枝
    @sen_019
    今朝、というか今、新宿で紙袋に入ったハム10匹拾ったのですが、ハム多頭飼いは危険みたいなので欲しい人連絡ください。
    落とした人?もいるなら連絡ください。拡散してほしい。
    2019年7月4日(木) 05時49分19秒
    リツイート: 4,331お気に入り: 2,094
    no title

    no title


    この人でした
    no title

    no title

    no title

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562315518/

    【【画像】新宿でハムスター10匹拾ったお姉さん、めちゃシコ美人だった 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/02(火) 04:11:55.65 ID:PaO1ddqE0
    1988年、シエラレオネの動物保護区の経理担当職員であったアマラセカラン夫妻は、
    村の市場で幼い一匹のチンパンジーが売られているのを見つけ、20ドルで購入した。
    ブルーノと名付けられたそのチンパンジーは、生後数年は夫妻の自宅で育てられたが、
    やがて巨大になりすぎたので電気柵で囲まれた保護地に他のチンパンジーらと共に放たれた。

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562008315/

    【彡(゚)(゚)「お、チンパンジーが売られとるやんけ、買ったろ!」 】の続きを読む


    このページのトップヘ